働きながら取得可能

それでは働きながら公認会計士になることは可能なのでしょうか。公認会計士といえば難関資格の一つであり、何年も受験しているのに合格できないという方も多い資格です。それでも中には働きながら資格を習得できたという方がいます。

資格学校実現可能かどうかはもちろん個人差があります。それでもきちんと勉強時間を確保することができるならば不可能ではないでしょう。ただし、効率的な勉強をしなければ合格することは難しいでしょう。独学で効率の良い勉強をすることはなかなか困難です。そこで資格学校を利用するという方法があります。社会人のための講座を用意している学校は多いです。資格学校であれば、これまでに多くの方に資格を取得させてきた経験があります。どのようにすれば本番で実力を発揮して試験を突破することができるのか、そのノウハウを持っているのです。そのような資格学校を利用することによって、社会人でも働きながらの資格取得を実現することは不可能ではないでしょう。

ただし、職場環境に恵まれていることは大切です。そもそも講座を受講するだけの時間的な余裕がなければいけないからです。そのような時間的余裕がないならば、まずは勉強時間を確保するための環境づくりから始めましょう。